成年後見とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士に相談される前に成年後見について、大まかなことを知っておいた方が良いでしょう。以下にご説明いたします。

認知症、知的障害、精神障害といった判断能力が心配な方々の代わりに財産管理等の正しい判断が必要されることにおいて、支援するのが成年後見制度です。成年後見制度は法定後見制度と任意後見制度の2つがあります。法定後見制度は家庭裁判所によって選出された人が成年後見人となり、受ける人の能力によって後見、補佐、補助のいずれかで受ける人の支援をするという制度です。任意後見制度は後見を受ける人が判断力があるうちに将来、判断力が衰えたら、支援してもらえるように代理人(煮に後見人)を指名して契約し、その後見人が将来、家庭裁判所の監視の下で指名した人の代理を引き受けるといった制度です。任意後見人は誰でもいいわけですが、法律を良く知った弁護士であれば、物事がスムーズに行くでしょう。

このようなことを踏まえた上で、弁護士に成年後見について、相談することをお勧めいたします。特に高齢の親御さんがいらっしゃる方は、今は元気な親御さんでも近い将来の事がご心配でしょうし、知的障害や精神障害のご家族がいらっしゃる方は、その方の将来がご心配でしょう。弁護士にお話しするだけでも、何か見えてくるはずです。